0歳で子供を保育園に預けるのは可哀想?保育園に預けてよかったと思うこと(最終回)

 

こんばんは!

 

今日は前回に引き続き生後7ヶ月で息子を保育園に預け、仕事に復帰した話をしたいと思います。

 

小さい頃から保育園に預けるのを迷っている方の背中を押せる記事になればと思います。

 

今回は最終回です。

 

0歳から保育園に預けてよかったことをまとめてみました。

 

前回までの記事はこちら↓

 

0歳で子供を保育園に預けるのは可哀想?保育園に預けてよかったと思うこと1

 

0歳で子供を保育園に預けるのは可哀想?保育園に預けてよかったと思うこと2

 

 

9月に生後7ヵ月で入園決定

申し込みをしてから2週間ほど経った8月後半のある日。

 

第一希望の園への入園決定の連絡がきました。

 

9月からわたしの仕事復帰と保育園の入園が晴れて決まりました

 

最後までこんなに小さい頃から保育園に預けてもいいのか迷いました。

 

しかし決まってしまうと心は清々しかったです。

 

 

生後7ヵ月で保育園に預けてみて

今実際に保育園に預けてから10ヵ月ほど経ちました。

 

預けてみた感想はズバリ、タイトルにもあるように「0歳から息子を保育園に預けて本当に良かった」。

 

 

預けてよかった点

・日中大人と話す時間があり、仕事がいい気晴らしになっている。

・息子といれる時間が少ない分、一緒にいるときに思いっきり可愛がれる

・息子も保育園でいろんな遊びをしてもらえる

・保育園で栄養満点の美味しい給食を食べさせてくれる。

・収入が増えたので、金銭的にも余裕が出てきた。

 

もういいことだらけ。

 

逆に預けなきゃ良かったと思うことが全くありません。

 

たしかに仕事中、ふと息子のことを思い出して会いたいなと思う方もあります。

 

けどそれが仕事を頑張る糧になるのです。

 

あと少し頑張れば息子に会える!と。

 

預ける直前まで預けない方がいいのではと思っていたのに、預け始めて3日で預けてよかったと思えました。

 

むしろもっと早く、生後5ヶ月くらいで預けておけばよかったと思うくらい笑

 

可哀想なんて全く思いません。

 

わたしが日中一緒にいれない分、保育園の先生がたくさん愛情を注いでくれます

 

息子もすっかり先生たちに懐いています。

 

一緒に息子の成長を喜んでくれる先生方に感謝です。

 

そして家に帰ってからめちゃくちゃ抱きしめます

 

育休中のとき、こんなに毎日抱きしめてあげられていただろうかと思うくらい抱きしめています。

 

長い時間でダラダラ一緒にいるより、短い時間で集中して息子に愛を注ぐ方がいい気がします。

 

 

子供を預けながら働いていて大変だと思う点

あと働きながらの子育て、大変ではないかという点なのですが。

 

たしかに日中働いて帰ってからので体力的に少ししんどい…かもしれないです。

 

しかし1日中子育てしててもそれなりに体力使うし、そこまでしんどいとわたしは思いません

 

職種が事務職で体を動かす仕事ではないというのもあるかもしれないですが…。

 

ちなみにフルタイムで働いていますが、定時ぴったりにあがれるということもあると思います(・・;)

 

 

最後に

生後7ヶ月で息子を保育園に預け、仕事に復帰した、以上になります。

 

これからお子様を保育園に預ける方もたくさんいらっしゃると思います。不安だと思います。

 

預けるまでは不安です。不安でした。

 

しかし大丈夫です。

 

お母さんのためにも、お子様のためにも保育園に預けて働かれるのはいいことだとわたしは思います。

 

あ、もちろん幼稚園までおうちで自分で保育される方を否定する記事ではありません(・・;)

 

もし0歳から保育園に預けて働くことに対して不安を抱いている方がいれば、この記事を読んで少しでも勇気ついてくれればなと思います。

 

ではこのへんで。

 

 *****************************************************************************************

「EVery BaByーいぶべびー」はベビーフードのサブスクです!



子育てに忙しい全ての方へ、毎日のベビーフード選びの手間や購入する手間を省くことができるように、定期的にベビーフードをおうちへお届けします。



月齢ごとに適したいろいろなメーカーのベビーフードをこちらでセレクトしてお届けします。



いぶべびインスタグラム


では毎日ベビーフードのみのメニューを紹介しています!